ロゴ作成のポイント


みなさんは、ロゴをどのような存在に感じているでしょうか。会社名の横につく、ちょっとした飾りのような存在でしょうか。もしくは、看板などに使われる分かりやすいマークといった印象かもしれません。確かに、シンプルで覚えやすいようなものが少なくありません。ですがそこには、単純どころかとても奥深いこだわりと目的が隠されています。

ストーリーたとえば、ストーリーです。数秒見続けるだけでも覚えられてしまいそうなシンプルデザインですが、そこに会社にまつわるストーリーが隠されていることが少なくありません。シンプルなロゴをスムーズに覚えてもらい、さらにストーリーにも触れてもらえれば、印象はぐんとアップする可能性が高まります。

そして、色へのこだわりも特徴的です。シンプルさが重要であるため、使われる色は限られます。ですが、だからこそどの色を選ぶかが重要なのです。赤ならエネルギッシュや情熱、黄色は希望や栄光、青なら清潔、クールなど、ただそれだけでもイメージを表現できるためです。

このように、ロゴはシンプルながらも細部にこだわりを詰め込むことで、効果的なアピールへと繋げられます。ですが、力を入れるべき部分だからこそ注意点も忘れてはなりません。かわいらしいデザインも少なくないロゴですが、一方でちょっとした不注意から大掛かりな訴訟問題にすら発展しかねないためです。せっかくこだわって作っても、逆に損失に結果ともなれば元も子もありません。以下では、そんなロゴに関する注意点について深く掘り下げています。こだわりも重要ですが、同じくらい注意点についても気にかけておきましょう。